正しいシャンプーの方法

高くて効果があると言われている育毛剤を使っていても、普段の生活も改善しないとその効果は見られません。
どうせお金をかけているのなら少しでも早く、そして確実に効果を感じたいものですよね。
ここでは、私の美容師経験も活かしつつ正しいシャンプーの方法をご紹介します。

シャンプー前の準備

みなさん、シャンプー前の準備はしていますか?
おそらく、90%の方がNOだと思います。
実は、この準備があるのとないのとでは洗いあがりに大きな差があるので、ぜひ今日から始めてみて下さい!
まずは、軽くブラッシングを。髪についたほこりや汚れを落とします。
次に、ぬるま湯で頭皮までしっかり濡らします。
信じがたいかもしれませんが、実はこれだけで70%の汚れは落とせるんです。
この前準備をやるだけで汚れはもちろん、頭皮や髪への負担も軽減できます。

髪を洗うのではなく、頭皮を洗う


シャンプーを手に取ったら、髪につける前に手で軽く泡立てます。
頭皮の汚れ、実はシャンプーのすすぎ残りが原因ということもしばしば。
事前に泡立てることですすぎ残しを防ぎます。
次に頭皮から毛先に向けて撫でるようにシャンプーで洗います。
ここでポイントなのが、髪同士をごしごし洗うのではなく、頭皮を優しくマッサージするように洗うこと。
前述のとおり、髪の汚れは濡らした段階でほとんど落ちているのでここでは髪ではなく頭皮を揉み洗いするだけで十分なんです。

頭皮が柔らかくなってきたら、今度は指の腹を使ってジグザグに頭皮を洗っていきます。
ここで注意してほしいのが、爪を立てたり力を入れないこと。
美容室のあの気持ちいいシャンプーを想像しながら行ってみて下さい♪

1番のポイント、すすぎ


最後にすすぎですが、シャンプーで1番大切なポイントがこのすすぎです。
お湯を使って、たっぷりすすいでください。
耳の裏からうなじ、頭頂部はもちろん生え際まで、各所3回ずつはすすぐようにしてください。

トリートメント


トリートメント(コンディショナー)は髪をコーティングするためのもの。
つまり、頭皮につけても意味がありません。
それどころか、すすぎ残しがあると頭皮汚れの原因や薄毛の原因にもなります。
無意識に頭皮までつけていたという方も多いと思いますが、トリートメントは髪の毛のみにつけるようにしましょう。

最後のすすぎ


トリートメントは頭皮につけないのでシャンプーの時と同じくらいとはいきませんが、最後にもう一度、頭全体をすすぐようにしてください。

いかがでしたか?
美容室で洗ってもらうといつもより髪が活き活きしている理由はこれです。
自宅でも、いつものシャンプー方法をちょっと変えるだけで髪や頭皮状態をぐんと良くできます。
毎日の努力が薄毛対策にも繋がるのでぜひ試してみて下さい!

調査概要

調査方法:WEBアンケート
母集団:631名
調査対象地域:日本全国
調査対象者:20~70代の女性
有効回答数:439名
調査実施期間:2015年1月~2017年3月
調査企画:安藤文