女性が薄毛になる原因

最近生え際が気になる。なんかボリューム減ってきた気がする…
自分には関係ないと思っていても、気づいた時にはやっぱりショックですよね。
「薄毛」と言ってもその原因はいくつかあり、それぞれの原因によって薄毛になるメカニズムも違います。
薄毛はすぐに治るものではありませんが、原因をきちんと理解しておくことが正しい治療には必須です。
また、男性と女性で薄毛の原因も異なります。
ここでは、女性に多い2種類の薄毛の種類と原因をご紹介。
自分に当てはまる原因がどれかを理解することで、治療のスピードや育毛剤選びに繋げてもらえるとなによりです!

びまん性の薄毛

女性の薄毛の原因として一番多いのがこちら。
特徴は一部が集中して薄くなるのではなく、髪の毛全体が薄くなること。
「ハゲる」というよりは、「髪のボリュームが全体的に減る」といった方がイメージしやすいかと思います。
びまん性の薄毛が進行すると、分け目が広がったり全体的に頭皮が見えやすくなり、髪の毛もぺちゃんこになります。
そんなびまん性薄毛の原因がこちら。

老化による女性ホルモンの低下
ストレスからくるホルモンバランスの乱れ
ダイエットなどによる栄養不足
シャンプーやブラッシングなど、不適切なケアが要因の頭皮環境の悪化

原因は様々ですが、1番の要因がホルモンバランスの乱れ。
特に、新しい髪が生えたり元気な頭皮環境を保つには女性ホルモンが必須になります。
そんなびまん性の薄毛の方におススメの育毛剤が女性用育毛剤。
女性のために研究・開発されたものがベストです。
男性用でも育毛効果が実感できる可能性はもちろんありますが、そもそも男性と女性のホルモンバランスが違うので 女性用の方が断然おススメ。
安くないし旦那さんのを借りてる。なんて方も多いかと思いますが、その場しのぎのケアではなく、しっかり薄毛を解決したい方は女性用育毛剤を使用することをおすすめします。

産後薄毛

若い方でも赤ちゃんを産んだことのある方は産後薄毛を経験したことがあるかと思います。
産後薄毛の特徴はとにかく抜け毛が多くなること。
びまん性の薄毛は髪の毛が細くなったり全体的なボリュームダウンが初期症状ですが、産後薄毛はいきなり抜け毛が増えるというケースがほとんど。
そんな産後薄毛の主な原因がこちら

妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れ

びまん性と同じホルモンバランスが原因ですが、出産前後で女性ホルモン量の増減が激しいことが抜け毛の原因です。
妊娠すると体内には女性ホルモンが一気に増加し、出産とともにその量は激減します。
その急激な女性ホルモンの減少が髪に影響し、抜け毛が急に増えたり、新しい髪が生えにくくなったりします。

残念ながら、この女性ホルモンの変動はコントロールできません。
しかし、出産後に早くホルモンバランスを整えることが産後薄毛を早く改善するポイントになります。

そんな産後薄毛におすすめの育毛剤が、自然派由来の無添加育毛剤。
授乳期間中も使用するため、赤ちゃんに悪い影響がない無添加のものを必ず選ぶようにしましょう。

調査概要

調査方法:WEBアンケート
母集団:631名
調査対象地域:日本全国
調査対象者:20~70代の女性
有効回答数:439名
調査実施期間:2015年1月~2017年3月
調査企画:安藤文